2018-08

グアム

100店以上の屋台が立ち並ぶチャモロ・ヴィレッジ・ナイトマーケット(Chamorro Village Night Market)

ここは普段お土産屋さんが立ち並ぶ落ち着いたエリアですが、毎週水曜日の夜には屋台が立ち並ぶ賑やかなナイトマーケットに変身します。 このナイトマーケットはチャモロヴィレッジのバス停の近くにあり、気軽に地元の人や観光客が一緒に楽しむことができます。
グアム

グアムで一番賑わうデデドの朝市(Dededo Market)

このデデドとはグアムの北部にあるデデド村のことで、その村にあるグアム・ファーマーズ・コーポラティブで土曜日と日曜日の午前6時~9時頃の間に朝市が行われます。この朝市では地元の人のための食材や生活用品などが売られており、1時間くらいで回ることが可能です。
グアム

恋する幻想的な夕陽が見れる恋人岬(Two Lovers Point)

ここは断崖にある展望台で、ハートのカギに恋愛にまつわる願い事を書いて鍵を締めると願いが叶うとか。 スペイン統治時代にチャモロ人の美しい娘が結婚を迫るスペイン人から逃れ、恋人と永遠の愛を誓い合ってこの岬から投身したという悲しい伝説が由来だそうです。
グアム

幾多の困難を乗り越えたグアム博物館(Guam Museum)

ここは2017年3月に開館しましたが、開館までに4年という長い歳月がかかりました。建設計画発表が2012年で一度オープンするも台風の被害により閉館、再び開館するも同じ場所で行うことが難しく、グアムガバナーズオフィスなど場所を転々とする日々でした。
グアム

幻想的なステンドガラスがある聖母マリア大聖堂(ハガニア大聖堂バシリカ)

ここは、1660年に初めて建てられたカトリック教会でハガニア大聖堂(ハガニア大聖堂バシリカ)と呼ばれています。ここは何度も建て替えられおり、現在のものは1950年に建て替えられました。ここには幻想的なステンドガラスがあり、連日多くの人が訪れます。
グアム

旧日本軍が造った防空壕が残る公園・ラッテストーン・パーク(Latte stone Park )

ここは別名Sen. Angel Santos Memorial Parkというスペイン広場の裏手にあるラッテストーンという石柱が並べられた史跡公園で、園内には旧日本軍が造った防空壕などの史跡が残っており、ゆったりと過ごすことができます。
グアム

グアムで最高レベルのマジックディナーショー・サンド・キャッスル・グアム・ショー(Sand-Castle Guam Show )

このショーは人気エンターテイメント・ズーブリックやトラを交えたダイナミックなショーを観客と一緒に繰り広げるラスベガススタイルのディナーショーで、子供連れのファミリーからカップルまで幅広い世代に素敵なひとときを提供してくれる集団でもあります。
グアム

マリンスポーツ体験や野生生物と触れ合える楽園・ココスアイランド島(Cocos Island)

ここは本島から南東部に下がった所にある離島で、自生のパパイヤなどをはじめ周りの海は波がなく水深が浅く珊瑚やイルカなど環境に左右されやすい生き物が生息するのに適した貴重な環境があり、人目を気にせずマリンスポーツが楽しめるグアム随一の楽園となっています。
グアム

人間の美を感じるラブ・ランド(LOVE LAND)

ここはタロフォフォの滝公園(Talofofo Falls)の中にある人間の美を感じるラブ・ランドがあります。現地では「愛の園」と言われており、人間の日常的な動きを美として表現している彫刻が多数展示されています。
グアム

横井ケーブがある日本と馴染みの深いタロフォフォの滝公園(Talofofo Falls Park)

ここはグアムの定番の観光地の一つで、グアムの中心地・タムニンから南へ車で30分くらい行った所にあります。園内には、熱帯植物をはじめかの有名な横井庄一さんが住んでいた横井ケーブや仕掛けのあるお化け屋敷など見所がたくさんあります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました