第6回 「有名な『横井ケーブ』がある日本と馴染みの深い『タロフォフォの滝公園(Talofofo Falls Park)』in Guam」

Pocket

先日ぶりです!カナパンBlog・管理人の中西 拓巳(@REDSKY_24)です。

今回は、有名な「横井ケーブ」がある日本と馴染みの深い「タロフォフォの滝公園(Talofofo Falls Park)」をご紹介します。

「タロフォフォの滝公園(Talofofo Falls Park)」とは?

ここは、グアムの定番の観光地で、グアムの中心地から南へ車で30分くらい行った少し山間の近くにあります。
園内には、有名な横井庄一さんが住居にしていた「横井ケーブ」や仕掛けたっぷりのお化け屋敷、鳥の放し飼いなど見所があります。

エントランス


駐車場を降りると、このスペイン風の入場ゲートが見えてきますので、そちらで券を購入します。

入場時、以下のようなその国籍にあった言語の園内のパンフレットも一緒に貰え、その中には地図も入っているので、とても参考になりました。

パンフ 全体図

パンフ 日本語

チケットとパンフ

僕が滞在した時は、40~50代の方が多く、韓国人の旅行客が多かったです。

アトラクション

滞在する日によって運営されているアトラクションが異なるようで、僕が滞在した日の運営されていたアトラクションは以下でした。

乗り物リスト

①Love Land

ここは、作者の人間という生き物の美的感覚が溢れていて理解が難しかったですが、ぜひ知って頂きたいので別記事で紹介します。

②Ghost House

ゴーストハウス
ここは入りたかったので地下まで頑張って歩いたのですが、それ以上は変な感じがしたので、怖くて入ることはできませんでした。
中は、怖くてからくりが多いと噂です。

③Cable Car

ケーブル

タロフォフォの滝へ行くにはこのCable Carに乗る必要がありますが、冷房はないので非常に暑かったです。

景色 ケーブル 花

ケーブルカーからは素敵な眺めがたくさん見れます。

景色 ケーブル

また、ケーブカー乗り場にはこのような横井ケーブについて簡単な図がありました。

横井邸

④Falls #1、#2

滝が小さいので真近まで行くことができます。
ですが、雨の翌日などは水の量が増えて周りは滑りやすくなっているので、注意が必要です。
滝

滝

途中で放し飼いの鳥がいて、人懐っこく近寄って来ました!

鳥

エントランスの近くで餌が売っているので、餌付けをすることができます。

また、こんなトカゲもいました…

トカゲ

このトカゲは、グアムならどこにでもいます。

稀にカラフルなトカゲもいるので、出会えたら幸運かもしれませんね!

⑤Gift Shop

このギフトショップは、グアムならではのものが多く販売してあります。

売店

店内はこのような感じで、こじんまりとしていました

お土産2

お土産 3

⑥Museum

遠い昔から今までのグアムの生活など詳しく知ることができます。

昔の幸せ

昔のグアム

これは、グアムの民族衣装で、自然を愛して動物と共存し合っていたことが垣間見えます。

グアム 民族衣装

グアムには多くの伝説があり、その一つです。

チャロモ伝説

グアムは、小さな島なので多くの国からの侵害を受けているのはご存知かと思いますが、その当時を模型で展示してありました。

スペイン 占領 説明

スペイン 占領

アメリカ 占領 説明

アメリカ 占領

現在となってグアムはアメリカの一部ですが、なぜアメリカの一部になったのかが、この模型を見て感じることができます。

⑦Yokoi Cave

かの有名な成田空港で多くの記者に囲まれながら、恥ずかしがりつつ帰国した横井さんが印象的ですが、日本兵として戦って下さった一人ですが…
終戦して28年…その時間の経過を感じ取れず、ずっとジャングルの穴の中で過ごし、その月日がたち、現地の人に発見されて今回、帰国に至りました。
仲間は皆、戦死…周りの情報を収集する機械もない環境下で、必死にずっとお国の為にという精神で生きてこられた有名な方です。
その横井さんが、戦時中から帰国まで過ごした穴がプリカで展示されています。

仏 2体

横井さんち2横井さんち3横井さんの写真④

現在も取り壊さず、過去に戦死した人達への慰霊として残されています。

この横井ケーブに行くまでは、ミュージアムからジャングルの中にあるとても大きいな植物の間の一本道を通って行きました。

亜熱帯雨林

花とヤシの木

やはりグアムなだけに常夏にしかない葉が多く見られ、とても良かったです。
ですが、道中、案内スタッフに事前に蛇がいるかもしれないと聞いていたので、けっこう注意して歩いてました。
その時は蛇に遭遇しませんでしたが、もし行かれるなら注意が必要です。

当日、運営されていなかったアトラクションですが、写真のようなBump Carや回転カップがありました。

ゴーカート

カップ

滞在時間として3時間くらいで十分回れたので、グアムに来たらぜひ行ってみて下さいね!

ロケーション

エリア:タロフォフォ
交通:タモン中心街から車で約50分、4号線沿い
TEL:671-828-1150
営業時間:9:00~17:30
休日:無休
料金:入場料(ロープウェイ代含む)/大人$18、子ども(4~11歳)$8、3歳以下無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA