ファッションサイトBUYMAにてカナダよりアパレル全般を現在、特別割引価格で出品中です!!ココをクリック♪

第6回 「タロフォフォの滝公園(Talofofo Falls)」in グアム の巻!

第6回 「タロフォフォの滝公園(Talofofo Falls)」in グアム の巻!

先日ぶりです!カナパンBlog・管理人の拓巳です。
毎日、各地残暑や熱中症ばかりのニュースで頭がやられてしまいますね…
台風12号がやっと通り過ぎたら、新たに13号にちょっと驚いています(+_+)
グアムはたくさんの見所があるので、ぜひこれからもお付き合いお願いします!!
前回は、グアムでちょっと有名なオフロード競技・「コンカーズ(Konqers)」をご紹介しましたが、今回は、「タロフォフォの滝公園(Talofofo Falls)」をご紹介します♪

「タロフォフォの滝公園(Talofofo Falls)」とは?

滝 看板

タロフォフォの滝とは、グアム観光では定番の観光地です。
場所は、グアムの中心地から南へ車で30分くらい行った少し山間の近くにあります。
園内には、かの有名な横井庄一さんが一人でずっと戦い、住居にしていた「横井ケーブ」や仕掛けたっぷりのお化け屋敷、自然な鳥の放し飼いなど見所がたくさんあります。

エントランス
駐車場を降りると、このスペイン風の入場ゲートが見えてきますので、そちらで券を購入します。

入場時、以下のようなその国籍にあった言語の園内のパンフレットも一緒に貰え、その中には地図も入っているので、とても参考になりました。

パンフ 全体図

パンフ 日本語

チケットとパンフ

客層としては、僕が滞在した時は、40~50代の方が多く、韓国人の旅行客が特に多かったです汗

①アトラクションについて

滞在する日によって運営されているアトラクションが異なるようで、僕が滞在した日の運営されていたアトラクションは以下でした。

乗り物リスト

①Love Land

このLove Landは、正直、作者の愛情が溢れすぎてて、僕には理解できませんでした。笑
けれど、見所は大きく、ぜひ見てもらいたいので、別記事であとで紹介させて頂きます♪

②Ghost House

ゴーストハウス
ここは入りたかったのですが、結構、何気にビビりなので、入り口がある地下までは頑張って歩いたのですが…怖くて入ることはできませんでした笑
もし、勇気のある方は、お勧めです!結構、怖くてからくりが多いと噂です。

③Cable Car

ケーブル

タロフォフォの滝へ行くにはこのCable Carに乗る必要があります。
中はとても暑く、冷房はありませんが…うちわはありました。(笑)

景色 ケーブル 花

ケーブルカーからは素敵な眺めがたくさん見れます^^

ケーブル 景色 景色 ケーブル

また、ケーブカー乗り場にはこのような横井ケーブについて簡単な図がありました。
とても簡潔的で、分かり易かったです^^

横井邸

④Falls #1、#2

これがタロフォフォの滝で、とても自然の中にあって癒されました。
また、滝は小さいので、結構、真近まで行くことができました。
ですが、雨の翌日などは水の量が増えるので、また違った姿も見えますね♪
滝

滝

このタロフォフォの滝へ来る途中に、たくさんの鳥がいました。
放し飼いになっており、普通の鳥なら逃げますが、これが、真逆で、近寄って来ました!

鳥

エントランスの近くで、この鳥らの餌が売っているので、それらを上げるとより近づいてきます。

また、こんなトカゲもいました…( ;∀;)

トカゲ

このトカゲは、グアムならどこにでもいます。実際、僕が滞在していたホテルにもいました!

モノによっては、カラフルなトカゲもいるので出会えたら幸運かもしれませんね( *´艸`)

⑤Gift Shop

このギフトショップは、グアムならではのものが多く販売してあります。

売店

店内はこのような感じで、こじんまりとしていました。

お土産2

お土産 3

⑥Museum

ここは、グアムの歴史を辿ることができる場所です。

遠い昔から今までのグアムの生活など詳しく知ることができ、ちょっと不思議な体験でした。

昔の幸せ

昔のグアム

これは、グアムの民族衣装です^^

やはり、自然を愛し、神を讃えながら動物と共存し合っていたことが垣間見えます。

グアム 民族衣装

また、グアムには多くの伝説があり、これもその一つです。

チャロモ伝説

幸せ 

スペイン 占領 説明

スペイン 占領

アメリカ 占領 説明

アメリカ 占領

現在となっては、グアムは普通にアメリカの一部だと思っていますが、なぜアメリカの一部になったのかが、この模型を見て感じることができます。

⑦Yokoi Cave

出ました!我ら祖国の横井庄一さん!
かの有名な成田空港で多くの記者に囲まれながら、恥ずかしがりつつ帰国した横井さんが印象的ですよね。
そんな横井さんは、過去、日本兵として戦って下さっていた一人です。
終戦して28年後…その時間の経過を感じ取れず、ずっとジャングルの穴の中で過ごし、その月日がたち、現地の人に発見され帰国に至りました。
仲間は皆、戦死…周りの情報を収集する機械もない環境下で、必死にずっとお国の為にという精神で、生きてこられた有名な方です。
その横井さんが、戦時中から帰国まで過ごした穴がプリカで展示されています。

仏 2体

仏

横井さんち2横井さんち3横井さんの写真④

現在もこれは取り壊さず、過去に戦死した人達への慰霊として残されています。
結構、戦争のリアル感が正直ありました。
この時代では考えられませんが、グアムやハワイは戦争が多い地域の一つだったので、なんとも言葉がでませんでしたね…

この横井ケーブに行くまでは、ミュージアムからジャングルの中にあるとても大きいな植物の間の一本道を通って行きました。

常夏 木

亜熱帯雨林

大きな木ヤシの葉花とヤシの木

やはりグアムなだけに常夏にしかない葉が多く見られ、とても良かったです!!
ですが、道中、案内スタッフに事前にここに蛇がいるかもしれないと聞いていたので、けっこう注意して歩いてました。
その時は蛇に遭遇しませんでしたが、もし行かれるなら注意が必要ですね汗
このよう感じで、タロフォフォの滝を満喫しました。

当日、運営されていなかったアトラクションもあり、ごく一部ですが、写真のようなBump Carや回転カップもありました♪

ゴーカート

カップ

滞在時間として、3時間くらいいましたが、十分回れたので、それくらいがお勧めです!!
ぜひ、グアムに行ったら行ってみて下さい♪

名前:タロフォフォの滝公園(Talofofo Falls Resort Park)

エリア:タロフォフォ
交通:タモン中心街から車で約50分、4号線沿い
TEL:671-828-1150
営業時間:9:00~17:30
休日:無休
料金:入場料(ロープウェイ代含む)/大人$18、子ども(4~11歳)$8、3歳以下無料

以上、「タロフォフォの滝公園(Talofofo Falls) in グアム の巻!」でした。
これからも日々、夏休みも始まりてんやわんやするでしょうが、HAPPYな毎日を送って下さいね!!
何か質問事項とか知りたいことや感想などコメントお待ちしております!!
では、次回の記事で「Love Land」紹介します☆乞うご期待!

少女 自然