ファッションサイトBUYMAにてカナダよりアパレル全般を現在、特別割引価格で出品中です!!ココをクリック♪

第8回 自然たっぷり・常夏の「ココスアイランド島(Cocos Island)」in グアム♡

第8回 自然たっぷり・常夏の「ココスアイランド島(Cocos Island)」in グアム♡

こんにちは!カナパンBlog・管理人の拓巳です。
毎日、セミの鳴き声を聞きながら、「暑い~(+_+)」なんて言いながら扇風機やクーラーの前から離れられないと思いますが、お変わりありませんか?
僕は、相変わらず、仕事に明け暮れつつ、唯一の癒しがこのブログなので、これからもどんどんUPしていきますので、良かったら読んで下さい。
それでは、今回は、引き続きグアム特集にはなりますが、一旦、グアム本島から離れ、ちょっとした離島を今回ご紹介します♪
その離島とは…「ココスアイランド」です!

①ココスアイランドとは?

ココスアイランド島 建物

ココスアイランド島とは、本島から南東部に下がった所にある離島です。

この島は、多くのジャングルや珊瑚砂、野鳥や動物が生息し、パパイヤなど自生の熱帯植物が生息しています。
島の周りの透き通った綺麗な海は、波もなく、水深も浅く、鮮やかな珊瑚や熱帯魚が見られます。
また、島の周りでイルカやウミガメなど珍しい生き物に出会えることも☆
島には、他充実した施設やアクティヴィティーも多くあり、常夏のグアムを満喫できる島です。

②行き方

空と鳥 ココスアイランド島

各宿泊ホテルにココスアイランド島行きの船が出ている港までのシャトルバスが迎えに来てくれます。
その時間は、各ホテルによって出発時刻が異なるので、ココスアイランドリゾート(←ここをクリックすると各ホテルの出発時刻表を確認できますが、時間変更があるかもしれないので、要確認)の公式HPで確認お願いします。

また、レンタカーを借りる人など行き方は、さまざまにあるので、アクセスについては公式HP(←ここをクリックすると見ることができます)で確認お願いします。

③予約の仕方

申し込みは、ココスアイランド島へ行く船の乗船前に、クーポン券購入のうえ予約もできますが、事前にWEB上から全て予約しておくこともできます。
また、僕は滞在するホテルでも予約しましたが、遅くても1日前までにはしておくほうが良いですね。
その時に、日本語のパンフレットを貰うので、困りませんでした^^

パンフ1 パンフ2 パンフ3

また、その時に詳細は教えてくれるので、よく聞いておいて下さいね。
やはり、日本ではないので、ケガとかしても医療も変わって来ますので、ご注意を!!

④ココスアイランド島内で使えるお金について

ココスアイランド島では、全てクーポン制度!
支払い方法は、現金(ドル)、トラベラーズチェック、日本円(千円、五千円、1万円のみ)と決まっています。
また、クレジットカードは、AMEX・MASTER・VISA・DINERS・JCBの利用ができるので、要注意!

看板 パスポート

このような注意書きが船乗り場にあるの、乗船前はよく読んでおく方がいいですね^^
パスポート代として、大人(12歳以上)は40$、小人(2歳~11歳)は、20$、1歳以下は無料です。

⑤出発

ココスアイランド島行きの切符を購入したら、いざこの船で出発!!

BOYと船と海この船に乗船している間は、とても風が気持ちよくて、まさに常夏っていう感じで、日本では味わえないものでした。

途中 ココスアイランド島 海

自然は多く、癒されますね~

⑥到着

ココスアイランド島にいざ、到着しましたが…暑いですね…w
周りは、観光客が多くて凄いw

入口 ココスアイランド島

⑦到着後は…島の散策へ!!

船と海

ココスアイランド島 透き通った海

ココスアイランド島 浜辺 一望

いざ、散策してみると、本当にどこを見ても遠くまで透き通っていて綺麗でした!!
滞在客の9割が日本人で、20代、30代の若い世代ばっかりでした。
中には、少し年配の方や子供連れもいましたが、やはり、カップルや新婚が多く見えました。

⑧アクティヴィティーに参加

ビーチバレー ココスアイランド島

ビーチには、バレーができるスペースもあり、多くのアクティヴィティーが体験できます。
僕が、今回参加したアクティヴィティーは、パラセーリングとジェットスキーとシュノーケリングをやりました。

実際に、シュノーケリングをしてみて、海が本当に綺麗なので、結構、遠くまで景色が見え、鮮やかな魚もたくさん見ることができました☆
また、パラセーリングは、空高く飛ぶので、どこまでも綺麗な海が見えて、爽快です!!
ちなみに、シュノーケリングのセットは、町で買って行く方がココスアイランド島でレンタルよりも安いです。

アクティヴィティーの写真は、うまく撮れなくて…撃沈しています…涙
やはり、たくさんアクティビティをやっていたらビーチでゆっくり過ごす時間がなかったので、より残念でしたTT 唯一取れたのが、これです…w

アクティヴィティー終了後にほんの少し黄昏たい僕ですw

海と僕

⑨島内のレストランについて

僕が一番驚いたのは、島内のレストランは、昼の12時で終了していたこと!!
ですが、カップ麺やホットドッグを販売してる別の店頭があり、そこは島の営業時間中はずっとやってました。
島の営業時間は、大体、長くて6時間滞在なので、17:00前には終了になります。
それから、ホテルに帰るのが、1便利用の場合は5時前後、2便利用の場合は6時前後の到着になります。

⑩施設の詳細について

ココスアイランド島には、プールや芝生公園など多くの施設があります。
詳細は、公式HPをクリックして下さい。

このとても海がきれいな常夏のココスアイランド島は、いかがでしたか?^^
ここはぜひ、皆さんに訪れてもらいたい場所の一つです!
嫌な事も全て忘れることができます。休憩にと思って来てみて下さいね~♪

これが、ココスアイランド島の全体の公式HPです。
左の文字の上をクリックすると繋がるので、良かったらご活用して下さい♬

ココスアイランドリゾート会社

ココスアイランドリゾート セールスオフィス
タモン地区 タモンサンズプラザ内
1082 Pale San Vitores Road, Tumon Sands plaza 3F Suite #333/334
Tumon, Guam U.S.A. 96913
Tel. +1-671-646-2825/6
Fax. +1-671-646-2835
e-mail:info@cocos-island.jp

ココスアイランド島

それでは、次回の記事でお会いしましょう(‘ω’)ノ””
皆さんからのコメントお待ちしております!!

ココスアイランド島 空と船と海