幾多の困難を乗り越えたグアム博物館(Guam Museum)

グアム 博物館 グアム

カナパンBlogの管理人の中西 拓巳(TW@REDSKY_24/FB@Red Sky)です。
今回、幾多の困難を乗り越えてやっとの思いでオープンしたグアム博物館(Guam Museum)をご紹介します。

グアム博物館(Guam Museum)とは??

グアム 博物館 右側

ここは2017年3月に開館しましたが、会館までに4年という長い歳月がかかりました。

建設計画発表が2012年で一度オープンするも台風の被害により閉館。
再び開館するも同じ場所で行うことが難しく、グアムガバナーズオフィスなどいろんな場所を転々とする日々だったそうです。

展示物

先住民・チャモロ族が仲間内で相談する画

チャロモ族

チャモロ族の日常生活が描かれた画

森 

チャモロ族の生活空間を間近で座って見学ができる

生活空間描写 体験

グアムの歴史を描いたショートストーリーを上映(5分程度)

画像

僕が訪れた日は混雑しておらず入館後すぐに見ることができましたが、混雑によって時間がかかるので受付で確認と予約をしておくのがお勧めです!
僕が見たのは英語での上映だったので理解するのに時間がかかりましたが、見応えは十分でした。

グアムの海洋性生物や自然現象

グアム ビーチ
ラグーン

Akalehaという貝を寄せ集めて作ったコインポーチ

手作り
手作り

昔の人は器用な人が多く、とても細やかに作られていました。

侵略

現在も国家間での対立がありますが、一般人には影響は少なく普通に訪れているグアムでも多数の周辺諸国の侵略を受け、多くのものを失っていたことを知って胸が痛くなりました。

エントランス

エントランスにチャロモ族の像が左右に1体ずつ展示されています。

中庭

ヨガ講座

中庭があり子供のヨガ講座が月1回行われているので、興味のある方は公式HPでチェックしてみて下さい。

ロケーション

エリア:ハガニア
住所:193 Chalan Santo Papa Juan Pablo Dos. Hagatna, Guam 96910
TEL:671-988-4455
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日
料金:大人$3、学生$1、子供(6歳以下)と55歳以上は無料(現金払いのみ)

※館内にコーヒーショップとギフトショップがあり、コーヒーショップには電子レンジが設置されています。

ここは30分程度あれば十分見ることができる広さで、グアムの歴史を知るにはベストな場所なので、ぜひ訪れてみて下さいね!

この記事の内容が役立ったと思ったらシェア宜しくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました