法観寺と京都

第28回 「八坂庚申堂~京都のシンボル的存在の『清水寺』へ」

Pocket

こんばんは!カナパンBlogの管理人・中西 拓巳(@REDSKY_24)です。
昨日の記事で紹介した「八坂庚申堂」の周辺情報と京都のシンボル的存在の「清水寺」へ行った時のことをお話します。

八坂庚申堂の周辺情報

「法観寺(八坂の搭)」

法観寺 

この寺院は、祇園のシンボルタワーで臨済宗建仁寺派の寺院で、大きく聳え立っていたので、とても存在感がありました。
この寺院は、夜になるとライトUPされ、昼間とは違う顔を見せるのが見所です。

この法観寺の目の前のお店に「金箔アイスクリーム」というものが売ってあったのですが、1つ900円で値段にビックリして、買うか迷ってやめました。
写真はないのですが、興味のある方は検索してみて下さいね。

30段近くの石段が続く先には一体何が!?

長い石段の続く先には、お土産屋さんや京都料理が楽しめるお店がここぞとばかりに軒並みにあり、とても賑やかう場所でした。
その途中にこじんまりとした中庭のある外国人観光客も来るほどの人気料亭があったので、そこで熱々の湯豆腐と京野菜を使った天ぷら、月見とろろセットを食べました。
とても美味しくてご飯2杯お替わりしましたが、それでも1700円くらいだったので、お得でした。

湯豆腐セット

「清水寺」

清水寺

長い石段を登り切り、清水寺の前にある露店街をブラブラし、八橋をつまみ食いしながら、いざ清水寺の中を散策!
今回、清水寺は耐震工事で建物全体に大きな囲いがされていたので全体的なパノラマで見ることはできませんでしたが、素敵な秋の贈り物を見ることができました。

清水寺 中この清水寺で素敵な色合いになっていく紅葉や枯葉は、やっぱり秋の京都の良さを感じられる1つの風物詩ですね。
さて、ここでも僕の友達は、御朱印を書いて貰っていました!
そんなこんなでぐるりと音羽の滝の近くを通り、降りる途中に、上を見上げると素敵な光景が!!

清水寺 ①

やっぱりこの雲がほとんどない青空とオレンジ色の建物と紅葉の色や緑色等全体がマッチしていて、秋を満喫しました。

清水寺 ②

「THE★京都」の雰囲気があったので一休みして、眺めていました。
このような感じで清水寺を後にして露天街を通ったのですが、そこにチーズかまあげが売ってあったので、チーズ好きな友達は「美味しい!」と完食していました。

ロケーション

「法観寺(八坂の搭)」

住所: 〒605-0862 京都府京都市東山区清水八坂上町388
TEL:075-551-2417
営業時間:10:00~16:00
HP(Tripadvisorより):https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g14124527-d10265083-Reviews-Hokan_ji_Temple_Yasaka_no_To-Higashiyama_Kyoto_Kyoto_Prefecture_Kinki.html

「清水寺」

住所:京都府京都市東山区東山区清水1丁目294
TEL:075-551-1234
営業時間:6:00~18:00
公式HP:https://www.kiyomizudera.or.jp

RED_SKYまとめ

今回の法観寺と清水寺の観光で京都の秋を存分に満喫することができました。

実はこの道中で乗るバスを間違えて反対回りで乗ってしまい、かなりのタイムロスをしてしまう失態を起こしたりと踏んだり蹴ったりで楽しかったですが、「もう少し成長したいなあ…」と思いました。

京都にここ以外にも魅力的な神社やお堂があるので、ぜひ行ってみて下さいね!

この記事の内容が役立ったと思ったらシェア宜しくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA