億万長者の仲間入りも夢じゃない?!みんな大好き♡カナダのスクラッチくじ

Lottery カナダ
スポンサーリンク
Pocket

カナパンBlogの管理人の中西 拓巳(TW@REDSKY_24/FB@Red Sky)です。
今回は、日本人も大好きな宝くじならぬカナダのスクラッチくじをご紹介します。

スポンサーリンク
 

カナダのロトやスクラッチくじ事情

カナダは10個の州と3つの準州で成り立っています。
その各州によって事情は異なりますが、州が年齢制限など法律を決める管轄にあり、OLG(Ontario Lottery and Gaming Corporation)というロトやスクラッチくじを総括する専門機関が別にあるそうです。
特に外国人はロトが日本人より大好きなので、日常的にロトやスクラッチくじなどを購入する習慣があります。
しかし、カナダではロトやスクラッチくじを購入するのに年齢制限があったのを御存じでしょうか?
日本であれば宝くじやスクラッチくじを購入するのには年齢制限はありませんが、競輪などの賭博になってくるときちんと法律で成人した20歳以上からと決まっています。
一方、カナダでは各州によって購入する年齢制限は異なりますが制定されており、当方がいるミシサガはオンタリオ州に属し18歳以上と決まっています。

購入後は、当たり外れに関係なく事前に署名をする欄があるので記入を勧められます。
そこには意図があり、購入後に紛失や盗まれてしまった際にも証明ができるようにするためだそうです。
しかし、その時点で署名をしていないと当選していても無効となってしまう可能性があるので、注意が必要です。
2008年以降に法律で署名は義務化されており、現在はチケットの表面に署名スペースが設けられています。
なので、カナダでスクラッチくじを購入する時は素直に郷に入ったら郷に従うべきなのです。

カナダのスクラッチくじ 署名欄

当選したらどうなるのか?

当選者の名前や居住地区、写真などが全国的に掲載されるようになっています。

この件を含めロトやスクラッチくじの裏に注意事項が記載されており、 購入して署名した時点で、自動的にOLGがその権利を得ることに購入者も同意したことになるので、注意が必要です。
また、オンタリオ州は、当選金額を全額貰うことができ、その上税金の支払いが発生しないという一石二鳥なことができるのがうらやましいばかりに!
ですが、カナダ在住の人に限るので、別の国に在住の場合はその自国の税金制度に従うようなになります。
カナダ国外在住の場合は、ピックアップやチェックで当選金を受け取る方法になり、保証は全くありません。

カナダのスクラッチくじ 当選者情報の記入欄

当選が確実な場合に当選金を受け取るのに期限があり、以下のような説明書を貰うので必ず確認して下さい。

カナダのスクラッチくじ 当選後

どこで購入できるのか?

これらは、カナダにあるドラッグストアーやスーパーなどで購入できます。
種類は豊富で日本だとサマージャンボなど季節限定の宝くじが発売されるようにカナダでも季節によって種類の幅が増えていきます。

実際にスクラッチくじを購入

近所のコンビニとドラッグストアで違う種類を$115分を購入、$165の現金と$2分の新たなくじを貰いました。
購入場所によって種類や値段が異なりますが、主にコンビニやドラッグストアだと$1-$30、wallmartというスーパーでは50セントのめくるだけのくじも置いてあります。
(以下は、当方が今回購入した全部のスクラッチくじの写真です。)

カナダのスクラッチくじ ①

カナダのスクラッチくじ ②

当選が確実な場合、どのくじでいくら当選したのかなど詳しく記載された用紙を貰います。

カナダのスクラッチくじ 当選後

この用紙を確認して後は受け取り方法などを選択、受け取りを待つのみとなります。
日本とは相違点が多くカナダでは当選しやすいので、ぜひされてはいかがでしょうか?

当サイトは基本的に管理人の体験談をベースに作成しておりますので、感想や評価については一個人としての主観的見解を記載してます。

店舗情報などにつきましては、できる限り正確な情報を掲載しておりますが、間違いがあるようでしたら、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡いただけると助かります。

また、当サイトへの広告掲載及び取材・仕事のご依頼に関してもこちらよりご連絡ください。

この記事の内容が役立ったと思ったらシェア宜しくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました