ファッションサイトBUYMAにてカナダよりアパレル全般を現在、特別割引価格で出品中です!!ココをクリック♪

第36回 人気ローカル観光列車「伊予灘ものがたり列車」in 愛媛県

第36回 人気ローカル観光列車「伊予灘ものがたり列車」in 愛媛県

こんばんは!カナパンBlogの管理人の中西 拓巳です。
毎日相変わらず寒くインフルエンザが流行っている最中ではありますが、お変わりないでしょうか?
僕は、カナダでも相変わらずゆっくりと過ごしています。
さて、前回の「億万長者の仲間入りも夢じゃない?!みんな大好き♡カナダのスクラッチくじ」はいかがでしたでしょうか?
やはり現地の物は現地へ行ってやってこそ意味があって楽しみになるので、ぜひ現地へ行った時はトライしてみて下さいね!

最近、僕の友達が日本の四国・愛媛県におり人気のローカルな観光列車の面白い写真をたくさん送ってくれたので、そちらをご紹介したいと思います。

1.愛媛県とは?

四国地方の北西に位置し、香川県と徳島県、高知県、瀬戸内海を挟んで広島県、宇和海と伊予灘を挟んで大分県に囲まれた所にあります。
有名な観光地は、もちろん松山城や正岡子規記念館、道後温泉などが代表的ですが、愛媛県は北条市や新居浜市辺りの地域を「東予」松山市や大洲市周辺を「中予」西予市や宇和島市周辺を「南予」と3つの地域に区分分けされています。
各地域にローカルな観光地がたくさんあるので、ぜひそういった場所を訪れてもらいたいです。
その中でも特に、南予から中予間で限定的に運行されている食事をしながら列車の旅を満喫できる大変人気が高く予約が取りにくいローカルな観光列車があるのは、御存じでしょうか。

2.食事をしながら列車の旅を満喫できる大変人気が高く予約が取りにくいローカルな観光列車とは?

愛媛県はキレイな海や山に囲まれ、県民性が温和な人が多いのが特徴的。
その観光資源を生かそうと考えついたのが、この予約が取りにくいローカルな電車「伊予灘ものがたり」という観光列車だったとか。
この観光列車には4つのルートがあり「大洲編(松山~伊予大洲)双海編( 伊予大洲~松山)八幡浜編( 松山~八幡浜)道後編(八幡浜~松山)」があります。
この観光列車は、ローカルな駅に停車しながらその駅を満喫し、その間に愛媛県の特産を使った食事を食べ、ゆったりと愛媛県を満喫して頂くコンセプトになっていました。

3.この観光列車の中は?

僕の友達が今回利用したのは、双海編で伊予大洲発~松山市着でした。

伊予灘ものがたり ① 前
列車の前方部分
伊予灘ものがたり ② 前方車両
列車の前方車両部分
伊予灘ものがたり ③ 後方部分の車両
列車の後方車両部分
伊予灘ものがたり列車 ④ 前
列車の最後方部

こういった感じで2つの車両に分かれており、前方車両は太陽や柑橘類の輝きを表現した「黄金色」をベースにした「黄金(こがね)の章」後方車両は、伊予灘のクライマックスである夕日をイメージした「茜色」をベースに「茜の章」と名付け、前方と後方とでは外装から内装までデザインが異なっていました。

(1)前方車両の中

伊予灘ものがたり ⑤ 前方車両

伊予灘ものがたり ⑥ 前方車両の内装
伊予灘ものがたり ⑦ 内装 前方車両

こういったダイニングカウンターをもつモダンな内装で、伊予灘の絶景を望む海向きのシートと、食事を楽しみながら大人数で満喫できる4名と2名様用の座席設置されていました。
残念ながら後方車両には予約していないので立ち入りができなかったのですが、前方車両のとは色合いや基調が全く違うので、HPで確認して頂けたらと思います。
机の上にはこの観光列車内で楽しめる食事やお土産品などが掛かれたお品書き、コーヒーを飲むときに使う砂糖類などがモダンな箱に入れて置いてありました。

伊予灘ものがたり ⑧ 
伊予灘ものがたり ⑨ お品書き
伊予灘ものがたり ⑩ お品書き
伊予灘ものがたり ⑪ お品書き
伊予灘ものがたり ⑫ お品書き
伊予灘ものがたり ⑬ お品書き
伊予灘ものがたり ⑭ お品書き
伊予灘ものがたり ⑮ お品書き
伊予灘ものがたり ⑯ お品書き
伊予灘ものがたり ⑰ お品書き

このお品書きは表表紙の写真はないのですが、フクロウの布を張り付けた独特なデザインで、可愛かったとか。

伊予灘ものがたり ⑱ お品書き
伊予灘ものがたり ⑲ お品書き 

(2)食事

伊予灘ものがたり ⑳ お品書き
伊予灘ものがたり ㉑ 食事
伊予灘ものがたり ㉒ 食事

食事もこういった感じでそれぞれメニューや配置が掛かれたお品書きを準備してくれるので、何が入っているのかなど詳しく知り、各季節の食事を楽しむことができます。

伊予灘ものがたり ㉓

この器は砥部動物園で有名な砥部町で有名な焼き物で、陶器全体に青っぽさがあるのが特徴的。
この砥部焼のコップを使って食後にコーヒーの提供がありました。
デザインや値段は様々でピンキリでありますが、少なくとも1000円以上はするとか。

(3)この観光列車の見所この観光列車の見所は?

①五郎駅を通過時に…

伊予大洲駅を出発して15分ほど海岸経由で松山市へ北上途中に「五郎駅」と言う所があり、その駅を通過する時にこのような風景がありました。

伊予灘ものがたり ㉔
伊予灘ものがたり ㉕
伊予灘ものがたり ㉖
伊予灘ものがたり ㉗

こういった感じでこの五郎地区に住む人たちが手を振りながら歓迎してくれる一面が!!
なぜタヌキのデザインなのかというと、この五郎地区には多くのタヌキが生息しており、身近な動物だからとか。
また、昨年の7月にこの大洲市地区は集中豪雨で家や家族を失うなど多くの人が被災し、大変苦労された年でもあったので、より一層地域の活力になるようにと思いを込めて「がんばろう!伊予灘ものがたり」と題して看板を掲げていたそうです。
このような話を聞いていると、気持ちに込み上げてくるものがありました。

伊予灘ものがたり ㉘

五郎駅を通過後山、反対側の車線を見ると名前は不明ですが、愛媛限定キャラクターが書いてありました。w

伊予灘ものがたり ㉙
伊予灘ものがたり ㊵

また、途中では伊予灘を一望できる車窓がこの列車の見所の一部!
とてもキレイで透き通っていました。

(2)下灘駅で…

このように食事をしながら松山市へ北上途中に下灘駅へ!
ここは駅周辺に外観を遮るものがなく、一面に水仙やバラの木などを植え、手入れされたインスタ映えするような場所です。
特に海に沈む夕日をバックに撮るとよりキレイで、外国人を含め多くの人が訪れ写真を撮っていました。

伊予灘ものがたり ㉚ 下灘駅
伊予灘ものがたり ㉛ 下灘駅
伊予灘ものがたり ㉜ 下灘駅
伊予灘ものがたり ㉝ 下灘駅
伊予灘ものがたり ㉞ 下灘駅

(3)上灘駅では・・・

下灘駅で15分程度停車の後、すぐに上灘駅へ。
この上灘駅では社内で飲んだコーヒーの器や多肉植物、この地域限定の美味しい醤油が売ってありました。
また、この駅には3匹の猫と犬駅長がおり、とっても可愛かったのですが、、、
案内をしてくれる年配の方がこの駅長らに接する時の様子にやや強引さがあり、諦めモードが伝わってきましたね(笑)

伊予灘ものがたり ㉟ 上灘駅
伊予灘ものがたり ㊱ 上灘駅
伊予灘ものがたり ㊲ 上灘駅

こういった感じで伊予大洲~松山市まで海岸経由で双海編を満喫しました。
松山市に着く前に以下のような伊予灘ものがたりの記念ボードを持って乗車記念写真を添乗員さんが撮ってくれました。

伊予灘ものがたり ㊳

また、更にお土産として愛媛県特産の白みそ使用の味噌汁のセットや大洲市の障害のある方がデザインと加工をしたストラップなどを頂きました。

伊予灘ものがたり ㊴

このようにゆっくりと電車に揺られること2時間半程度していると、松山市に到着!!
車内で市内の観光パンフレットを頂き、それを参考に松山市内の観光をしたので、そのお話は次回の記事でUPしたいと思います。
長々となってしまいましたが、とても濃密に愛媛県を満喫できる観光列車なので、ぜひ参加してみて下さいね!
この観光列車以外にも四国版の観光列車があり、そちらも人気が高いので合わせてお勧めです!(予約は公式HPよりお願いします。)

もし御感想や質問等あればコメントお待ちしておりますので、宜しくお願い致します。
また、当方はTwitterも運営しており、お得な情報満載なので「@REDSKY_24」で検索して、チェックしてみて下さいね。
それでは、次回の記事でお会いしましょう~

冬 列車

当サイトは基本的に管理人の体験談をベースに作成しておりますので、感想や評価については一個人としての主観的見解を記載してます。

店舗情報などにつきましては、できる限り正確な情報を掲載しておりますが、間違いがあるようでしたら、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡いただけると助かります。

また、当サイトへの広告掲載及び取材・仕事のご依頼に関してもこちらよりご連絡ください。