今流行りのカナダブライダルショーに参戦!

Wedding② カナダ
スポンサーリンク
Pocket

カナパンBlog管理人の中西 拓巳(TW@REDSKY_24/FB@Red Sky)です。

今回は、昨年の秋頃に妻と結婚式を挙げることになり衣装を決めようとブライダルショーに参戦して来たので、ご紹介します。

スポンサーリンク
 

日本とカナダのブライダル事情を比較

現代において当方を含め国際結婚が少しずつ増えていますが、日本とカナダのブライダル事情にはどういった違いがあるのか調べてみました。

婚姻届の提出について

日本だと個人的に役所に婚姻届を出す必要がありますが、カナダではマリッジ・オフィシエントの前で婚姻届にサインをすること代行して法的に婚姻手続きをしてくれます。

結納について

日本で行われる結納は、新郎側が結納金、新婦側が家具や電化製品などを準備するのが一般的ですが、カナダでは新郎側が準備した結納金で新婦側が家具や電化製品などを購入するといったことが一般的になっています。

結婚式や披露宴に招待するゲストと人数は?

日本と同じように家族や親族、友人といった大勢を招待することもありますが、招待人数はそのカップルの周りとのかかわり具合によって変わってくるので、少数で行う場合もあって一定とは言い難い部分があります。

当方の場合は、家族や友達を招くにも遠方で予算がかかるので報告のみにして、現地の友達や妻の両親や妹など近親者のみを招いて行いました。

費用について

結婚式にかかる費用は、日本と同じように結婚式の規模や招待客、料理などによって変わってきます。
また、日本ではブライダル会社に依頼することが多いですが、カナダではドレスなどの衣装のレンタルはしても、教会やレストランなどの予約などは殆ど自分達で行います。

なので、日本では神社や教会で挙式後にホテルなどで披露宴をして二次会という形が一般的ですが、カナダでは教会で挙式後にレストランでのランチかディナーをするのが一般的になります。

予算は、日本と同じように概ね100万円以内という人が多く、日本だと招待客から頂くご祝儀で全面的に賄うことができますが、カナダではアルコールなどのドリンク類は新郎側、食事の費用は新婦側が負担するといった折半が多いです。

ご祝儀について

日本だとそのカップルとの関係性によって金額が変わりますがご祝儀を渡す習慣がありますが、カナダではご祝儀の代わりにそのカップルが欲しいものをリスト化して周りがプレゼントするといった習慣があります。

引き出物について

日本では招待客に引き出物を手渡す習慣がありますが、カナダではそういった習慣がなくそのカップルが欲しいものリスト化して当日に式に持参するといった習慣があります。

二次会について

日本と同じようにカナダでも二次会をするカップルが多く、その場所はレストランやカップルの自宅で行ったりと様々です。
日本だと一次会で両親や友人によるスピーチや催し物が披露されますが、カナダでは二次会で行われることが多いです。

結婚式後の習慣について

日本だと結婚式後は間をおいて長期休暇を取ってハネムーンに行くカップルが多いですが、カナダでは招待客に見送られながらそのままハネムーンに行くカップルが多いです。

食事や催し物について

食事は、日本と同じようにその地域特産の食材を用いた郷土料理が多く振る舞われます。
催し物は、日本だと両親や友人らが協力してビデオレターを作成したり、流行りの盛り上がる音楽をかけてダンスしたりしますが、カナダでは特定地域に住む先住民のインディアンの伝統風習をとり入れてたサンダンスなど独特な衣装と楽器を身に着けて演奏して歌ったり、ダンスをしたりします。

実際にブライダルショーに参戦

昨年の秋に挙式を行うに当たって参考にしようと「Canada’s Bridal Show」が主催するブライダルショーに行って来ました。

入場料は?

Canada-bridal-show ①

入場料は$20(=日本円で1650円程度)で比較的安価でした!

ショーに参戦!

Canada-bridal-show ④

Canada-bridal-show ⑧

Canada-bridal-show ③

このような感じでメンズからチャイルドまでモデルが実際に衣装を纏って舞台をウォーキングして回るので、とても分かりやすかったです。

また、会場の外ではブライダルフェアーが行われており、実際の会場の一部や商品などが展示されていたので、とても参考になりました。

Canada-bridal-show ②

Canada's Bridal Show ④

Canada-bridal-show ⑦

ブライダルフェアーが行われている会場の片隅には簡単なフードコートがあり、軽食なら飲食可能でした。

このようにしてブライダルショーを参考に衣装を選んだりと忙しい日々を過ごし、実際に挙式当日を迎えました。

当方の髪はオールバックに黒のタキシード、妻は髪を結って純白のドレスを着て、友達や妻の両親など近親者に祝って頂きました。

異国で初めてのことばかりで理解しきれず不安だらけでしたが、なんとか心強い妻に頼りつつ、無事に終えて一安心。(笑)

これから国際結婚をする方々には当方のように不安が多いと思いますが、頼る所は頼って、持ちつ持たれつな感じで頑張って欲しいです。

ブライダルショーの会場は毎年変わるのでロケーションなどのUPができませんが、Canada’s Bridal Showの公式HPを参考にしてみて下さい!

また、早くも来年の予定がUPされているので、ぜひチェックしてみて下さい!

当サイトは基本的に管理人の体験談をベースに作成しておりますので、感想や評価については一個人としての主観的見解を記載してます。

店舗情報などにつきましては、できる限り正確な情報を掲載しておりますが、間違いがあるようでしたら、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡いただけると助かります。

また、当サイトへの広告掲載及び取材・仕事のご依頼に関してもこちらよりご連絡ください。

この記事の内容が役立ったと思ったらシェア宜しくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました